日本中小企業情報化支援協議会、新体制で活動を全国に展開、4月20日 キックオフイベントと交流会を開催

一般社団法人日本中小企業情報化支援協議会(以下JASISA)(東京都渋谷区 会長 眞柄泰利)は、7月に設立1周年を控え、会長に富士株式会社代表取締役の眞柄泰利を迎えるなど体制を整え、中小企業・地方都市の情報化支援の活動を一層、強化していきます。そこで、2011年4月20日(水)15:30~19:30に東京大手町の三菱総合研究所ビル(東京都千代田区大手町2-3-6 アットビジネスセンター大手町2階セミナー室)にて、JASISA会員と中小企業の情報化支援に関わる企業の方々を100名近くお呼びし、2011年度の活動方針を共有するキックオフイベントと関係者交流会を開催します。

JASISAは、中小企業の経営者に、“ITツールの導入”ではなく、“情報を使った経営改善”の必要性を訴求することと、中小企業の業績向上と課題解決に取り組むビジネスプロデューサーの発掘と育成により中小企業および地方都市の活性化を目的に、2010年6月に設立しました。設立より現在まで、中小企業支援の現場で活躍するコンサルタント約250名がビジネスプロデューサーとしての会員登録を行い、全国で20回にわたるセミナーを行ってまいりました。
また、東日本大震災の発生を受け、東北・関東の中小企業の情報化支援を強化するため、東日本に拠点を置くIT企業と連携し、東北・関東地域の復興のために積極的に情報化支援を行っていく体制を整えました。

今回のキックオフイベントでは、会長の眞柄による、次世代の中小企業の情報活用によるスピード経営の考え方や、東日本大震災時に世界中のエンジニアが連携して被災地の支援を行ったHack for Japanの取り組み、東日本復興支援プロジェクトとして情報化による復興を提唱する仙台のIT企業の取り組みなども紹介いたします。
今後は新体制のもと、従来の経営コンサルティングの考え方やIT業界の既存のビジネスモデルを根本から見直し、様々な業種との連携を図りながら、クラウドコンピューティングやCGMなどを徹底活用して、成長意欲の高い中小企業の経営者とともに、自ら抱える経営課題の解決と連携による更なるビジネス発展の支援に取り組んでいきます。

JASISA2011キックオフ・交流会
開催概要

開催日時 2011年4月20日(水)15:30~19:30
会場 アットビジネスセンター大手町 2階セミナー室
東京都千代田区大手町2-3-6 三菱総合研究所ビル2F
主催 一般社団法人日本中小企業情報化支援協議会(JASISA)
内容 [第1部]JASISA2011キックオフ

  • 15:30~15:40 はじめに JASISA事務局長 森戸 裕一
  • 15:40~16:40 講演 小さな組織の非常識なスピード経営 JASISA会長 眞柄 泰利
  • 16:50~17:00 事例紹介 災害時に技術者・開発者ができること 山崎 富美 氏
  • 17:00~17:10 事例紹介 情報化による被災地復興プロジェクト 佐々木 賢一 氏
  • 17:10~17:20 事例紹介 中小企業へのクラウド導入支援事例 橋本 幸夫 氏
  • 17:20~17:50 JASISA部会紹介 各部会より~2011活動予定 他
    (1)会員交流部会 (2)市場開拓部会 (3)人材育成部会

[第2部]18:00~19:30 JASISA交流会

参加費用 [第1部]無料  [第2部]4,000円
対 象 JASISA会員と企業の情報化支援にかかわる企業・個人

お申し込み

ウェブサイトより申込下さい。http://www.biz-solution.org/seminar/110420/

お問合せ

一般社団法人日本中小企業情報化支援協議会(http://www.biz-solution.org/)
運営事務局:ナレッジネットワーク株式会社
電話:0120-640-702  Eメール:info@biz-solution.org  担当:草間